下痢 泡 原因 対処法

泡を伴う下痢の原因と対処法

スポンサーリンク

便は体の健康状態を表してくれる指票とも言えます。
理想となってくるのは、7〜8割程度が水分となっていて適度な粘度を持っているものになってきますが、下痢になってしまっている場合は、水分量は8〜9割となってきて、場合によっては9割を超えてしまうこともあります。
水分量が9割を超えてしまった場合は、泡を伴って便の形はとどめていないことになってきます。
このように泡を伴っている下痢のことを水下痢と呼ばれています。
原因として考えられるのは、ウイルスや細菌、食中毒による急性胃腸炎が考えられます。
これは異物を早く体の外に排出させようとする体の防御機能が働いてくれるためになっていて、腹痛や吐き気などの症状も伴うこともあります。
また、もう一つの原因となってくるのは、ストレスによって腸の働きが活性化している状態になっていることです。
腸が普段からデリケートな人に起こりやすくなっていて強い緊張感などを感じてしまうことによって引き起こされてしまいます。

スポンサーリンク

対処法となってくるのは、水分をしっかりと摂取することです。
下痢になってしまうことによって本来なら吸収されるはずの水分のほとんどは体の外へと排出されてしまうことになるので、体が脱水状態になってきてしまいます。
吐き気の症状が発症してしまっている場合には注意が必要になってきますが、そうでない場合、少しずつ水分を摂取していくことが対処法となってきます。
ぬるめの白湯やスポーツドリンクを摂取するのが特におすすめになってきます。
一気に水分を摂取してしまうことによって吐き気に繋がってきてしまう可能性もあるので一気に水分を摂取することはやめるようにしましょう。
また、自己判断などによって市販の薬を服用することによって、排出されるないといけないウイルスや細菌が腸内にとどまってしまう時間が長くなってきてしまうので、場合によっては泡を伴う下痢などの症状を悪化させてしまう原因になってしまうことがあります。
できるだけ早く病院に行って下痢になってしまっている原因を把握し、適切な対処法を行っていくことが大切です。

スポンサーリンク