便 泡 下痢 原因 対処法

下痢の便に泡が混じっている原因と対処法

スポンサーリンク

食あたりは医学的に食中毒と呼ばれてます。
主に夏場に患者さんが増加してしまう傾向にあります。
食あたりの原因となってくるのは、ウイルスや細菌が付着してしまっている食品や毒を含むようなキノコや野草を口から摂取してしまった際に発症してしまいます。
食あたりの症状となってくるのは、下痢に発熱、嘔吐、腹痛になっています。
1日の間に10回以下の嘔吐や下痢が止まらないといった場合は、脱水症状を引き起こしてしまって重症化してしまうことにより、意識障害を引き起こしてしまう可能性もあるので、早めに病院を受診して食あたりの原因を突き止めてもらって適切な治療を行ってもらうことが大切です。
食あたりを引き起こしてしまった場合には、便にも大きな変化が見られることになります。
その変化は下痢に血や泡混じってしまうという症状が出てきてしまいます。
便に血が混じってしまうということは、腸内に炎症や出血をしている可能性があったり、便に泡が混じっている場合は、腸が正常に機能してくれずに食べ物が吸収されていないのが原因で泡が混じることになります。

スポンサーリンク

食あたりの症状が見られてしまった場合の対処法としては、まずはしっかりと病院を受診して原因を突き止めてもらい、薬物療法行うという対処法が殆どになっています。
また、自宅での対処法としては、脱水症状を防いでいくためにも吸収が良いスポーツドリンクやイオン飲料などで水分補給をしっかりと行うようにして、消化が良い食品を摂取していくことが大切です。
医師か処方してもらった薬は指示通りに服用するようにし、自己判断で市販の薬を使ってしまうことによってさらに症状を悪化させしまう可能性もあるので控えるようにしましょう。
食あたりを発症させないようにするためにも日頃からしっかりと手を洗うようにしたり、包丁やまな板などといった調理器具も使う前にしっかりと殺菌することが大切になってきます。
肉や魚といった食品の場合は、しっかりと火を通して調理が終わったら直ぐに食べるようにしましょう。
日常的にこのような対処法を行っていくことによって発症を食い止めることが可能になってきます。

スポンサーリンク