下痢 透明 腹痛 病気

腹痛と透明な下痢と病気の関係

スポンサーリンク

腹痛や下痢が続くと肉体的に披露してくるだけでなく、気持ち的にも病気を疑い不安になります。
一時的に便が柔らかくなったり、1日、2日ぐらいの便が柔らかくなる症状は下痢ではなく、何日も継続して便が柔らかくなったり1日に何度も便が出続けると慢性的な下痢と診断されることが多いです。
慢性的な症状ですと繰り返します。
便が出なくて透明な液のようなものに変わると腸の中が何も無くなった状態になります。
腸内検査をする前に便を全て出す時の症状に似ています。
このような検査前の準備のために便を出す行為以外に便が出続けると何度もトイレに行くことが辛くなります。
腹痛が続き、何度もトイレに行くような時には、下痢止めの薬を服用してみましょう。
それでも治らなかったら病気を疑って病院へ行きましょう。
便の様子が参考になるので記録にしておくと良いでしょう。
透明な便が出るまで我慢しなくても薬を飲んで判断を待ちましょう。
腹痛が起こる原因も色々あります。

スポンサーリンク

腹痛や下痢で起こる病気には、腸や胃の不調、肝臓などの内臓系の不調、ストレスなどが考えられます。
透明な便が出るまでの症状は、辛いので早めに病院へ行くことをお勧めします。
近年、慢性型で多いのが、ストレスが原因の過敏性腸症候群です。
緊張する、睡眠不足、疲労などが原因となり症状が出ます。
腸に異常はなくストレスによって症状が出ます。
体に異常がない時には、心にストレスがかかり疲れているのかもしれません。
心療内科、精神科、神経内科などへの受診をお勧めします。
治療をすると完治します。
ストレスによって症状がある方は、治りますので安心しましょう。
慢性的な下痢は、食事で緩和できます。
消化の良い食事や果物、乳酸菌などを多く食べるようにしましょう。
腸に優しい食事、睡眠、ストレス解消、痛みを我慢しないで薬を服用などの対処法で症状が緩和してきます。
まずは、検査をして原因を確認しましょう。
治療をすると症状は落ち着きます。

スポンサーリンク