泥状便 原因 幼児 子供

幼児や子供が泥状便になる原因は

スポンサーリンク

泥状便とは、その名の通り泥のようにドロッとしたゲル状の便のことです。
幼児や子供でもこのような便がでることがあり、多くは細菌やウイルスが原因とされています。
幼児や子供は大人と比べると細菌やウイルスに対する抵抗力が弱く、感染すると影響が大きく出てしまいます。
胃腸に症状が現れると、消化不良や下痢を起こし、泥状便になってしまうことがあります。
幼児や子供が泥状便を発症する原因のほとんどは細菌やウイルスであるため、手洗いやうがいをすることが、普段からできる最も効果的な予防法と言えます。
また、食べ過ぎや早食いと言った食事のとりかたが原因になる場合もあります。
胃腸に負担がかかって、腸内環境が乱れてしまうことによって、食べ物の消化が上手くできず、泥状便になってしまいます。
冷たいものの食べ過ぎや、味の濃いもののとりすぎなども消化不良の原因となるので注意が必要です。
このように、食生活の乱れが症状の原因となることもあります。

スポンサーリンク

泥状便が出てしまったときには、胃腸が弱っています。
しかし、下痢によって体内の水分が不足しているので、水分補給をしなければなりません。
刺激が少なく、効率的に水分補給できる飲み物としておすすめなのが、イオン飲料です。
冷たいと胃腸を刺激してしまうので、軽く温めるか常温にしてゆっくりと飲むようにしましょう。
下痢の症状が激しい場合は、医療機関を受診し、点滴をしてもらうようにしましょう。
食欲が出てきたら、お粥やうどんといった消化の良いものから始めてください。
食生活の乱れが原因の場合は、腸内環境の改善をするよう心がけましょう。
水分が多く、体を冷やしてしまうような食べ物は避け、なるべく消化が良く、薄味のものを食べるようにしましょう。
また、温かい食べ物を摂取することで内臓が温まり、機能を回復させることができます。
便は健康のバロメーターと言っても過言では無いほど、体調の表れやすいものです。
特に幼児や子供は症状が急変しやすいので、日頃から便の状態をチェックしておくことが大切です。

スポンサーリンク