下痢 泡立つ 対処法

下痢が泡立つ場合の対処法

スポンサーリンク

便を見てみたら便と一緒に泡が出ていて、心配になってしまう人がいるかもしれません。
便が泡立つ場合、過敏性腸症候群の可能性が高くなってきます。
主に大腸や分泌機能の異常が認められている病気になっていますが、検査に行ったとしても潰瘍や炎症といった疾患が認められていないのに下痢や便秘、腹痛の症状が起こってしまうのが特徴になっています。
以前は、大腸の機能に異常が発生してしまって引き起こされる考えられていこともあり、過敏性大腸症候群と呼ばれていました。
ですが、近頃は小腸にも関係があることがわかってきているので、過敏性腸症候群と呼ばれています。
20代から40代の年齢に多い傾向にあり、ストレスが大きく関わっている病気になっています。
ですので、下痢が泡立つ症状がある場合は、この過敏性腸症候群になってしまっている可能性が高くなってきます。
ですので、日頃からストレスを発散させるなどの対処法を行っていくことが大切です。

スポンサーリンク

下痢が泡立つ場合、過敏性腸症候群になっている可能性がありますが、タイプには4つのタイプがあります。
下痢と便秘が交互に現れてしまう不安定型、神経性下痢とも呼ばれている小さなストレスや不安を感じることによって下痢を引き起こしてしまう慢性下痢型、強い腹痛を感じた後に大量の粘液が排出されることになる分泌方、そしてガス型があります。
ガス型は、いつもおならが出てしまい、周りの人に嫌がられているといった認識があり、余計におならが出てしまう症状になっています。
症状が重くなってきてしまうと無意識にガスが漏れてしまうようになってきます。
これは別名としておなら恐怖症ともいいます。
主な原因となってくるのは、精神的不安やストレス、不規則な生活スタイルなどが原因となってきます。
ですので、日頃からストレスを溜めないようにする対処法も重要ですが、規則正しい生活を送るといった対処法も非常に重要になってくるので注意するようにしましょう。

スポンサーリンク