胃腸炎 水下痢 嘔吐なし 原因

胃腸炎による水下痢と嘔吐なしの原因

スポンサーリンク

胃腸炎は胃や大腸、そして小腸で何かしらの炎症が起きてしまっている状態になっていますが、ウイルスや細菌の感染が原因となってくる場合、感染性胃腸炎とも呼ばれています。
特に冬など風邪が流行する時期にウイルス性の感染性胃腸炎に苦しむことになる人も多くいます。
お腹の風邪になっているので、発熱や頭痛などの通常の風邪の症状の他に嘔吐や吐き気、腹痛、下痢なども伴ってしまうことがあります。
また、急性であるので、気が付くと高熱が出ていたり、続けて食べたものを吐いてしまったり、お腹をくだして、あっという間の間に症状が悪化してしまうことがあります。
ですが、ある日に突然ウイルス性胃腸炎にかかってしまうというわけでもありません。
嘔吐なしの段階で前兆をつかむことができることによって早めに手を打つことが可能になっています。
結果としては症状が悪化してしまう前に治療や処置を受けることが可能となり、体力回復も早くなってきます。

スポンサーリンク

嘔吐なしでも下痢をしてしまったらウイルス性胃腸炎を疑うようにするのがポイントにもなってきます。
ウイルス性胃腸炎の原因となっているのはウイルスです。
ウイルスが体内に入り込んでしまうことによって、そのウイルスを体の外へと出すことになるので、水下痢をしてしまうことになります。
水下痢によって何とかウイルスを体の外へと追い出すことができればいいですが、水下痢をしただけでは取り除くことができないような場合だと嘔吐が始まってしまうことになります。
嘔吐をすることによってウイルスを体の外へと出そうとするのが原因になってきます。
この時点で胃腸炎も酷くなっているので、胃や腸は何も受け付けずに薬や水を飲もうとしただけでも吐いてしまうことになってしまいます。
何の心当たりがなかったり、食事にも問題がないにも関わらず突然下痢を起こしてしまった場合、嘔吐なしの状態であったとしても体調不良や胃腸の負担を自覚するようにしましょう。

スポンサーリンク