授乳中 腹痛 原因 対処法

授乳中の腹痛の原因と対処法は何?

スポンサーリンク

生まれてきたかわいいわが子に授乳をするのは、母親としての大きな幸せのひとつですよね。
生まれたばかりの赤ちゃんはほとんど眠っていますから、授乳タイムが楽しみなママさんもいるでしょう。
人により授乳を続ける期間はまちまちですが、残念なことに授乳中に腹痛に悩まされるママさんは意外と多いのです。
授乳、オムツ替え、お風呂、と赤ちゃんのお世話で忙しい時期に腹痛に襲われては大変です。
そこで、今回は授乳中に腹痛が起こる原因とその対処法についてご紹介します。
女性は妊娠、出産を経験すると身体が大きく変化します。
特に産後には、産後うつや抜け毛、胸の張り、むくみなど心身ともに色々なトラブルが出てきます。
そのような産後トラブルの中でも、下痢に悩まされる人は多く、長期間症状が続くこともよくあるのです。
せっかくの赤ちゃんとの時間を腹痛に邪魔されないよう原因と対処法を覚えておきましょう。
産後に下痢になる原因としては、精神的なものと身体的なものの2つがあります。

スポンサーリンク

まず、精神的なものですが、産後にはホルモンバランスが変化し、精神的に不安定になることが多々あります。
夜中の授乳やオムツ替えで睡眠不足になったり、慢性的な疲労が溜まり、ストレスから自律神経を乱れさせます。
自律神経は身体の調子を整えるために必要なものですが、これが乱れてしまうと、過敏性腸症候群になってしまうことがあります。
過敏性腸症候群は完全に症状が治まるまで時間がかかります。
対処法としてはとにかくストレスを溜めこまず、休めるときに休むことが大切です。
次に身体的な原因ですが、出産により骨盤全体に歪みが発生することがあります。
骨盤が歪むと、内臓を支える筋肉が緩み、尿漏れや下痢になる可能性があるのです。
また、赤ちゃんのお世話が忙しく、ゆっくりと食事の時間を取れない場合、よく噛まずに飲みこんでしまったり、早食いになり、消化不良を起こして下痢になることもあります。
骨盤の歪みは、矯正ベルトを使うとこもオススメですし、産後ヨガなどを取りいれてみるのもいいと思います。
また、授乳中は胃腸の働きが弱まっている可能性があるので、野菜や和食中心のメニューして、身体をいたわることも大切です。

スポンサーリンク