ワイン 下痢 原因 対処法

ワインを飲んだ時に下痢を起こす原因と対処法

スポンサーリンク

ワインを飲むと下痢を起こしてしまう人がいますが、これはワインの中に含まれるアルコールが原因である可能性があります。
アルコールには胃腸の働きを鈍くする働きがあるため、食べ物を上手く消化不できなくなって下痢を引き起こしてしまうことがあるのです。
また、一般的にお酒は他の飲み物よりも多くの量を摂取できるため、水分を過剰に摂取して便がゆるくなってしまうことがあります。
また、お酒を飲みながらおつまみなどを食べ過ぎてしまったり、逆にお酒ばかりを飲んで何も食べなかったりすると消化器に負担がかかって下痢を起こしてしまうこともあります。
ただし、これらの原因はワインだけでなく他のお酒を飲んだ時にも当てはまります。
ワインには酸化して風味が損なわれないように酸化防止剤として亜硝酸塩が入っていることが多いですが、この亜硝酸塩が原因で下痢を起こすこともあります。
亜硝酸塩は化学物質なので、飲む量が微量でも化学物質に弱い人は胃腸に作用して下痢を起こしてしまうことがあるのです。

スポンサーリンク

ワインを飲んだ時に下痢を起こさないようにするには飲み方を見直すという対処法が最も有効です。
具体的には飲む量自体を減らしたり、ペースを落としてゆっくり飲むようにしたり、一緒に適度な量のおつまみを食べるようにすると良いです。
また、おつまみは塩分や油分が多いものはなるべく避け、さっぱりしたものを食べるようにするという対処法も有効です。
アルコールを効率良く分解するためにはタンパク質を積極的に摂取して肝臓の代謝機能を高めることが大切なので、おつまみには枝豆や冷奴、卵料理などを食べると良いです。
また、イカやタコに多く含まれているタウリンには肝機能を向上させる効果があるので、おつまみにイカやタコを食べるとより効率的にアルコールを分解することが可能になります。
飲む前にどのような添加物が含まれているかチェックするというのも有効な対処法です。
特に酸化防止剤が入っていないかをチェックすることが大切ですが、大量生産で作られているものには酸化防止剤が入っていることが多いです。
酸化防止剤が入っているかわからない時は店員に聞きながら選ぶことが大切です。

スポンサーリンク