水下痢 病院 何科 受診

水下痢の時には病院の何科を受診する?

スポンサーリンク

水下痢という言葉を見聞きしたことのある人は多いでしょう。
水様便とも呼ばれ、いわゆるお腹がゆるくなった時の状態を指します。
健康な時の便は、水分が70パーセントから80パーセントですが、水下痢になると水分が90パーセントを越え、形をとどめなくなってしまいます。
元々下痢は、腸の運動が過剰になることで、消化物が通常の速度よりも速く腸を通過してしまい、本来腸内で吸収するべき水分が、直接便に混じることで起こります。
特にウイルスや細菌による胃腸炎、あるいは食中毒などは、体が防御反応を起こし、異物とみなして排出しようという働きが高まるので、その結果かなりひどい水下痢を起こすことがあります。
その他には、過敏性腸症候群によって起こることもあります。
これはストレスが原因で、腸の動きが活発になり、その結果便に異常をきたすものです。
それから、自律神経失調症の場合も、胃腸に影響が出ることがあり、胃の痛みや下痢、腹痛に悩まされるケースがあります。

スポンサーリンク

この水下痢にはどのように対処するのがいいのでしょうか。
まず脱水症状を防ぐため、水分をこまめに補給して、体を休めるのが一番です。
また、極端に熱いものや冷たいものはよくありません。
また薬は、ウイルスや細菌による水下痢の場合は飲んではいけません。
なぜかといいますと、ウイルスや細菌を排出するために下痢が起こっている時は、止めない方がいいからです。
ウイルスや細菌が原因の時には、病院を受診することが一番お勧めです。
しかし何科を受診したらいいのか、分からないこともあります。
もし近所に内科しかないという時は、まず内科を受診しましょう。
また内科以外に胃腸科もある病院の場合は、胃腸科に行くことをがお勧めします。
ストレスが原因の場合は、病院の何科を受診したらいいかといいますと、これは心療内科になります。
それからもし水下痢と一緒に出血がある時は、大腸がんの疑いもあります。
この場合は何科を受診するべきでしょうか。
もし出血が見られる時は、ある程度大きな病院の消化器科、または肛門科にまず行きましょう。

スポンサーリンク