有形軟便とは 症状 原因

症状と原因から見る有形軟便とは

スポンサーリンク

ここで記すべき有形軟便とは何を意味しているのでしょうか。
有形軟便とは便の形状を表現する用語です。
そもそも軟便とは通常の便に比べて水分量が多い便のことを指します。
健康な場合に排泄される便の水分量は70%ほどです。
水分量80%程度の症状は軟便、90%を超える症状は下痢と定義されます。
では有形軟便とはどの程度の状態なのかと言えば、マヨネーズくらいの水分量を持ったものです。
消化管の一部である腸は、口から入り、胃で消化された食べ物を蠕動運動によって肛門に運ぶ役割を担っています。
その際に行われているのが便の水分量を調節することです。
健康な場合には一定の水分が体内に吸収されますが、何らかの原因で蠕動運動が活発になってしまうと水分の多い軟便や下痢と言った症状を呈します。
では、軟便や下痢になる原因にはどのようなものがあるでしょうか。
まずは食事に関する問題です。
当然のことですが、賞味期限が切れたものや新鮮ではない生ものを食べた際の食あたりが第一に挙げられます。

スポンサーリンク

あるいは食あたりならぬ水あたりという原因もあります。
これは水分の摂り過ぎ(発汗とのバランスが取れていない場合です。)、アルコールの飲み過ぎ、硬度の高い水を飲んだ時に起きます。
次は脂肪分を多く含む食品の摂り過ぎです。
脂肪は消化吸収されにくい成分です。
これは肝臓から分泌される胆汁によって消化されるのですが、脂肪分が多すぎると胆汁の分泌が追い付かずに消化不良となります。
また炭水化物の食べ過ぎ、食物繊維を含む野菜の不足も挙げられます。
2つ目は体質によるものです。
体内に糖類を分解する酵素が不足しているため、牛乳に含まれる糖分が腸にダメージを与えてしまう「糖類不耐症」の人や遺伝、加齢も原因の一つです。
3つ目は環境によるものです。
これには体の中と外の両方があります。
体内に関して言えば、刺激物・カフェインを含むもの・アルコール・冷たいものの食べ過ぎと飲み過ぎです。
このような暴飲暴食は腸内環境を悪化させてしまいます。
体外に関しては、大切な会議や試験の前の緊張・冷え・ストレス・不規則な生活などが挙げられます。
正常な排便のためには以上のような数々の原因の中から当てはまるものを自覚し、それを改善したり、医師の診察を受けることが大切です。

スポンサーリンク