軟便が続く ガス 原因

腐敗ガスが発生したり軟便が続く原因とは

スポンサーリンク

例えば腹痛がない状態で軟便が続くと、便秘に比べて排便をするのが楽だからという考えで放っておくことが多々あります。
確かに、数日間軟便が続く程度ならば特に問題はありません。
しかし、これが数週間続くようなら放置しておいてはいけません。
また腹痛の症状が出て来たり、便に未消化の食べ物が混ざるようになったり、さらには便に血が混ざったりするようならば、それは何らかの病気のサインかもしれません。
ですから出来るだけ早めに医療機関を受診しましょう。
その結果、何らかの疾患に罹っているわけではないのなら、ひとまず安心です。
しかし、排便をした後も何となく全部出し切れていないような感じがしたり、ベットリとして臭いがキツかったりする軟便が続く場合には、やはり原因が存在します。
簡単に言ってしまえば、軟便が続く原因は消化器官の働きが低下していることです。
では何故、消化器官の働きが低下してしまうのでしょうか。
その原因は「現代病」と言うことが出来ます。
消化器官の働きが低下すると、食べ物が胃や小腸で十分に消化・吸収されないまま大腸に運ばれてしまいます。
すると消化や栄養吸収の役割を持たない大腸ではそれらの処理に手が出せず、食べ物は腐って悪臭を伴うガスを発します。

スポンサーリンク

このようなガスは便やオナラの臭いをキツくします。
同時に腐敗ガスは大腸の反応を麻痺させて働きを悪くするのです。
機能が低下した大腸は、胃と小腸から運ばれて来たものの水分を十分に吸収出来なくなり、結果として軟便や下痢になるという仕組みです。
では、健康な便に戻すためにはどのような方法があるでしょうか。
まず1つ目は乱れた食生活の改善です。
安い・早い・手軽なファストフードやコンビニ食は胃腸に負担をかけてしまうため、野菜中心の和食を食べるようにしましょう。
また暴飲暴食やカフェイン、冷たいものの摂取も控えることが大切です。
2つ目はストレスの発散です。
ストレスは自律神経の働きを乱すため、無意識のうちに臓器の働きが悪くなります。
ですからストレスをゼロにすることは不可能でも、上手に付き合って自分なりの解消法を見つけましょう。
3つ目は運動不足の解消です。
運動不足によって内臓脂肪が蓄積したり、同時に血行が悪くなると、胃腸の働きは弱まり軟便や下痢になります。
4つ目は腸内の善玉菌を増やすことです。
体の外から生きたままの乳酸菌を取り込んで腸内環境を整えることは、根本的解決策であると同時に早期解決策でもあります。
乳酸菌を凝縮したサプリメントを利用すれば、少量で手軽かつ短期間に効果を実感することが出来ます。

スポンサーリンク